風俗営業等の許可申請

風俗営業を営むためには許可が必要です。
営業種別としては、

1号営業  キャバレー・料亭・バー・クラブ等
2号営業 低照度飲食店
3号営業 区画席飲食店
4号営業 麻雀・パチンコ店等
5号営業 ゲームセンター等があります。

許可申請書は、営業所の所在地の所轄警察署長を経由し、都道府県公安委員会に提出します。

提出書類は、営業の方法や営業所の使用について権限を有することを疎明する書類、営業所及び建物の構造、照明設備や使用機器などの詳しい図面や周囲の略図等の他にも種々必要なものがあります。
地域によっては、判断基準の異なる場合があるので注意も必要です。

また、2016年6月23日より「風俗営業等の規則及び業務の適正化などに関する法律の一部が改正され
「特定遊興飲食店営業」が新たに設けられました。

それに伴い、「名貸し」営業ではないか、「不法就労の外国人」はいないか、「暴力団」との関わりはないか等、全国風俗環境浄化協会からも厳しく指導等がされています。

行政書士にご相談していただき、書類や図面等の作成、添付書類の取得、申請前の事前調査や、所轄との細々な打合せ等を安心してお任せください。

くわしいことは まず津市の行政書士にお気軽にご相談ください。

 

津の行政書士をさがす

 

ホームへもどる