建設工事の完成を請負うことを業とするには、建設業法で定める許可が必要です。

 
元請負人はもちろんのこと、下請負人の場合でも、請負として建設業を施工する場合は、法人・個人を問わず建設業の許可を受けることが必要です。
(但し、軽微な工事「工事1件の請負金額が500万円未満」を除く)

建設業の種類は、法律で29業種に分類されており、どの業種の許可を受ければよいか専門的な立場でアドバイス、書類作成等を行います。

また、宅建業免許取得についても資産要件のアドバイス、書類作成等を行います。

くわしいことは まず津市の行政書士にお気軽にご相談ください。

 

津の行政書士をさがす

 

ホームへもどる