相続は、人の死亡によって開始します。相続とは、亡くなった人(被相続)が死亡した時点で持っていた資産、借金などを一定の近親者(相続人)が引き継ぐことです。

☆相続人と相続順位

【配偶者】
配偶者は、常に相続人です。なお、配偶者とは婚姻関係にある法律上の夫、妻のことであり、事実婚(籍が入っていない)では相続人にはなれません。

【子・孫(第1順位)】
第1順位は、死亡した人の子です。子とは、実子と戸籍上の養子や前婚の子も相続人となります。子が先に亡くなっていたら、その子(孫)となります(代襲相続)。

【父母・祖父母(第2順位)】
第2順位は、死亡した人の父母です。父又は母が先に亡くなっていたらその父母(祖父母)となります。

【兄弟姉妹】
第3順位は死亡した人の兄弟姉妹です。先に兄弟姉妹が死んでいる場合は、その子(甥、姪)までが相続人です。

☆遺産分割協議

遺産の分け方は、法定相続人全員の協議(遺産分割協議)や遺言書により分割を行います。遺産分割協議により全員の同意が出来なかった場合は、法定相続分の割合が決められています。

遺産分割協議に相続人全員が同意したら、『遺産分割協議書』を作成します。遺産分割協議書は、合意文書として重要であり、相続手続きに必要な書類です。

遺産分割協議書を作成するには、相続人の確定や、相続財産の範囲と評価額の確定などの作業が必要です。

我々行政書士は、遺産分割協議書作成についてのご相談や作成依頼に応じておりますので、どうぞお気軽に近くの行政書士にご連絡下さい。

くわしいことは まず津市の行政書士にお気軽にご相談ください。

 

津の行政書士をさがす

 

ホームへもどる