遺言は普通方式と、特別方式があります。

一般的に使われる普通方式には、3種類(公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言)があります。

【公正証書遺言】
遺言者から直接公証人が遺言の内容を聞き、公証人が作成する遺言書です。内容の不備、無効、偽造の心配はありません。作成時に2人以上の証人が必要になります。

【自筆証書遺言】
費用もあまりかけず、自分で書いて作成する遺言書です。遺言書が無効になる、発見されないなど書類の不備や保管の問題もあります。相続が開始したら必ず家庭裁判所で検認を受けなければなりません。

【秘密証書遺言】
遺言の内容を誰にも知られず作成できる遺言書です。本人が作成(PC,ワープロで作成も可)し、署名、押印し、封印後それが秘密証書遺言であることを公証人と2人以上の証人に証明してもらわなければなりません。自筆証書遺言と同じように内容の不備で無効になる危険も有ります。

 

遺言書は、1人で作成します

遺言書は、1人で作成します。夫婦が作成する場合は、1人ずつの遺言書となります。また、遺言書の効力は、遺言をした者が死亡した時から発生します。生きている間は何時でも過去の遺言を取り消す事ができます。

そして、遺言書は、法定効力はありませんが遺された人へのお手紙として『付言事項』に言葉を付加することが出来ます。感謝の言葉や苦渋の選択によって相続がなかった人へのお詫びの言葉、家業のあり方についてなどです。

我々行政書士は、遺言がスムーズに行われるように遺言書の起案作成のご相談に応じておりますので、どうぞお気軽にお近くの行政書士にご連絡下さい。

くわしいことは まず津市の行政書士にお気軽にご相談ください。

 

津の行政書士をさがす

 

ホームへもどる